紙幣を持つ人

マンション経営にリスクは付き物|収入を安定させるコツ

老後を見据えた投資に

メンズ

人気の投資方法です

老後の金銭面に不安を抱える方や、毎月のお給料に不満がある方に、今人気を集めているのが不動産投資です。中でもマンション経営は、継続的な安定収入が見込める投資方法として、注目を集めています。しかし投資にはリスクも付き物です。マンション経営は比較的リスクの低い投資方法だと言われていますが、決して他人事ではないので注意が必要です。マンション経営に関するリスクを限りなく低く抑えるためには、信頼できるパートナーを見つける必要があります。物件の保証やサポートが充実しているマンション販売会社を選べば、「入居者が見つからず家賃が入ってこない」「修繕費用ばかりがかさんでしまう」などのリスクから逃れられることでしょう。

パートナーが重要です

ではマンション経営にはどのようなリスクがあり、どのような点を頭に入れておくべきなのでしょうか。不動産投資においては、「入居者が見つからないリスク」や「建物の老朽化に関するリスク」、そして「入居者同士のトラブルに関するリスク」などが想定されます。リスクをゼロにすることは難しくても、マンション経営をする人をサポートしてくれるサービスは多数提供されているので、利用するのもオススメです。マンション販売業者によっては、入居者の紹介をしてくれたり、入居者が見つからないときに家賃保証をしてくれたりする業者もありますから、しっかりとチェックした上で選択しましょう。特にマンション経営に関する経験が乏しいときには、注意が必要です。自分の目と耳で物件選びや業者選びの経験を積んでみてください。

快適なマンション生活

集合住宅

住人が暮らしやすいマンションを実現するには、マンション管理会社の存在が不可欠です。専門業者の存在により円滑な管理対応が行なえます。住人が話し合い、依頼する業者を決定することもできます。

連帯保証の代行サービス

握手

賃貸経営には家賃保証会社と契約を結んでおくと、滞納やそれに付随するトラブルも保証の対象になることがあります。また入居者も、連帯保証人を立てずに済むというメリットがあります。ただし契約時は、免責期間や家賃の減額に気をつけましょう。また契約時に、自分の方針に合った会社かどうかを見ておくことも大切です。

一人でも高齢者でも契約

男女

高齢化、少子化、未婚率の上昇など賃貸契約をする際に個人で連帯保証人を見つけにくくなっています。こうした背景から家賃債務保証会社が貸主と入居者の間に立つことが増えています。貸主は家賃滞納のリスクがなくなり、入居者は連帯保証人を探さなくてよくなるため、双方のメリットになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加